COLUMNスタッフのひとりごと COLUMNスタッフのひとりごと

何気無い日常の中の出来事や気づきについて、トキノハのスタッフがコラムとして綴ります。

2019.06.16

トキノハにゅうもん①

みなさんこんにちは!

 

前回のひとりごとでふわっと柴田さんにお知らせされていました。
世間が令和に盛り上がる中、新たにトキノハの一員となりました大川です。

現在、チャイムが鳴るとショップに駆ける、を担当しています。
お陰さまでこのひと月半でTUKUのリボン掛けが上達しました。

(もちろん工房で作業もしています)

ご縁がありトキノハの一員となったトキノハ初心者の私は、お店を準備したり、お客さまとお話したりすることで、トキノハのうつわの魅力を新発見する日々を送っています。

 

このスタッフのひとりごとを見てくださっている多くのトキノハユーザーの方は、私よりもきっとトキノハマニアのことと思います。

 

しかし!

 

写真で見て気になっているけれど…や、行ってみたいけれど…とトキノハショップ入門をしたい方もきっといるはず!

ということで、私のひとりごと「トキノハにゅうもん」シリーズでは、新スタッフのおおかわ目線でトキノハのお店とうつわの紹介をしていきたいと思っています!

紹介していきたいと思っています!というのも、朝の準備中、ささやかながらうつわのならび順を変えたりしていて、ただ見てほしいんですよ。

そのうつわのならび順にもテーマがあって、ずばり「トキノハにゅうもん」!

ということで、さくさく話を進めますね。

 

今回、トキノハといえばこれ、shiro-kuroシリーズ。

シンプルであるがゆえに、本当にバリエーションが豊かなので、どうやって自分に合ったうつわを見つけ出せばいいのかわからない!って方必見です。

 

「シンプルだからできること」を2つのテーマに分けてうつわくんたちに並んでもらっています。
今回は、基礎編でいきます!

 

にゅうもん①基礎編【豊富なサイズ展開】

 

お皿(寸皿)は3〜7寸の5サイズ、
お鉢は(寸鉢)は4〜7寸の4サイズとご用意しています。

 

さて、そもそも寸ってなんやねん、と思う方もいらっしゃるかもしれません。
1寸は約3cm(正確には3.03cm)です。
ものすごく余談ですが、和楽器の尺八は1尺8寸を省略しています。
1尺は1寸の10倍なので30.3+3.03×8cmです、計算はしません。

 

話を元に戻しまして、3寸皿は約9cm、4寸皿・鉢は約12cm、7寸皿・鉢は約21cmということになります。

 

そこで、お、ちょっと待ってと思った方、中々するどいですね。

 

そうです。

 

トキノハのうつわのプレートやボウルは、そう、3の倍数の規格が多いんですよ。
シリーズを超えたサイズ選びもなんてことなくなります!

 

その中でとくにshiro-kuroシリーズは、
ひとり一人の手になじむサイズ感を選べること、
家庭やお店など〈わたし〉以外の〈あいて〉に合わせたうつわ選びがしやすいこと、
など、つかう場面で選べるサイズがシンプルなデザインゆえに、

ついつい大きさ順に並べたくなるし、

重ねてまとめたくなるし、

集めたくなってしまいます。

 

そのようなきもちで私はうつわを並べています。

 

よし、みなさんお店にお越しいただいて、うつわを手に取りましょう!

 

 

にゅうもん①応用編はまた次回!

自己紹介もまたおいおい。おおかわ