COLUMNスタッフのひとりごと COLUMNスタッフのひとりごと

何気無い日常の中の出来事や気づきについて、トキノハのスタッフがコラムとして綴ります。

2020.01.13

トキノハ入門③縁白派?縁黒派?

【トキノハにゅうもん③縁白派?縁黒派?】
 
 
 
みなさん、あけましておめでとございます。
ひとりごと、ご無沙汰しております、おおかわです。
 
 
オンラインストアをよくご覧になっている方はお気づきかもしれません。
 
 
昨年末にリニューアルいたしまして、ありがたいことに、このひとりごと「トキノハにゅうもん」がコラムとして、独立致しました!
ひとえにみなさんのおかげです!
ありがとうございます!
 
 
 
だからといって、もちろんひとりごとはやめません。
コラムでは、すこしおとなな雰囲気で書かせていただいていますが、ここひとりごとでは、変わらずふわふわと書いていきますよ。
コラムでカットした内容であったり、むしろ、コラムで書く予定の内容を先駆けして書いたりしていきます!
 
今後もよろしくお願いいたします!
 
 
 
では、さっそくトキノハにゅうもん③に参りましょう。
 
 
 
【トキノハにゅうもん③縁白派?縁黒派?】
 
 
 
トキノハのうつわのイメージといえば、シンプルモダン。
 
ろくろでシュッと成形して完成!
 
なんてイメージをもたれているかも知れません。
 
けれど、実際にはプリミティブだな~って思う作業が多いです。
 
 
 
と、前回と同じセリフを使い回しました。
 
 
 
今回は、その第二弾です。
 
 
 
shiro-kuroシリーズの商品のカラーバリエーションは、ほぼ三色展開です。
 
白と黒、
 
そして縁白(ふちしろ)もしくは縁黒(ふちくろ)。
 
 
 
白いうつわは、温かみのあるやわらかな雰囲気のシロ、
 
黒いうつわは、金属のような質感のピリッとエッジの効いたクロ、
 
じゃあ、縁白って?縁黒って?
 
 
 
ということで、じっくり器を見ていきましょう!
 
 
 
クローズアップ縁白・縁黒です!
 
 
 
 
【お買いもの目線】
 
 
 
縁(ふち)と呼んでいる部分、器では口と言います。
 
その口もと周りの白い釉薬の色つけは、すこしぽってりとした厚みによって口当たりの柔らかさを感じます。
 
そして、このぽってり縁の白と、胴部のシャープな黒の組み合わせによって生まれるコントラストが、なんともかわいいポイントです!
 
 
 
また、線彫りのある縁白のうつわは、
口元にかけた白い釉薬は線彫り上を伝い、黒いエリアに流れた景色になっています。
 
線彫のある縁白は、線上を釉薬が流れ、下の黒いボディのところまでつたっているところが、こちらも同じくかわいいポイントだと思います!
 
 
一方、縁黒のものは、
shiro-kuroシリーズの寸皿と寸鉢の展開なので、
線彫のある器のリムのところなので、より器のシャープさを際立たせているように思います!
 
しかし、よくみていくと、
器のかたちのシャープさを引き立てる黒い縁と、
器全体の色味を占める白のバランスは、
真っ白ではないチタンの釉薬の温かみと、
真っ黒ではない金属のきらきらさが、モダンだけではない手づくりを感じます。
 
 
 
とこで、縁白と縁黒、どちらの商品の方が多いと思いますか?
 
 
正解は、つい先ほど商品名も出してしまったので、わかっていると思います。
 
 
 
縁白の器は、碗、飯碗、プレート、蕎麦猪口、Vカップ、フリーカップ、コーヒーカップ、マグカップ、
 
 
一方、縁黒の器は、寸皿、寸鉢です。
 
 
寸皿と寸鉢も、準レギュラーぐらいのポジションとして、縁白もあります。
 
 
 
つまり、圧倒的に、縁白の商品の方が多いです。
 
 
 
それぞれ、どう種類を分けていると思いますか?
 
 
線彫があるなし?
 
 
いいえ、

製作工程が違うんです!
 
 
 
ということで、制作工程は次回に持ち越しです!
 
 
もしくは、コラム「トキノハにゅうもん」で!
 
 
 
 
今回、実は、コラム①のカット内容を掲載しようと思っていましたが、
昨年末に出来上がった縁白の6寸鉢のお話をしたくて、コラムの先取り内容になってます!
 
 
途中までなので、予告編のような気もしますが、、、。
 
 
 
実は、準レギュラーの寸皿と寸鉢の縁「白」は、中々出会えません。
 
 
 
この器が焼き上がり、かわいさのあまり仕事納めの日に購入しました。
もちろん年越しそばもこのお鉢でいただきました。
 
さいこうです!
 
女性には具だくさんスープ系にはぴったりのサイズです。
お味噌汁の具が多い時にも使えますし、縁白6寸鉢でお味噌汁を戴くのが現在の私のブームです。
 
 
 
ほんとうにかわいいので、よかったらみてみてください!
 
 
 
ということが、お伝えしたかったにゅうもん③でした。
 
 
すいません!
 
 
 
にゅうもん③おしまい
 
 
次回は、続きか、にゅうもん④(仮)予定です。
 
 
よろしくお願いします~!
 
 
 
おおかわ